ハンターハンターのファンサイトになります。

  1. ハンターハンターネタバレ
  2. 254 view

ハンターハンターネタバレ362話確定 テータの覚悟!王子達の念獣(霊獣)が登場!ツェリードニヒが念を知る!?

寄生型

寄生型の特徴は
宿主の思いと
残留思念の交差で
ややこしい存在になる。

性格によっては、
戦いに参加しない霊獣が
憑くことも考えられる。

オイトは5番目までの
王子は身を引くことはない
という。





共闘

セレモニー会場では、
5番王子のツベッパが、
ツェリードニヒに共闘を
申し出ている。

ツベッパの見込みでは、
タイソン
ルズールス
サレサレ
は志がない。

カチョウ以下は幼くて
武力も政治力もない。

実質は上位5人。

しかし、
上3人は醜悪過ぎると。

ツェリードニヒは
同感だという。

ツベッパはそれが
共闘同意だと
思っているが、
ツェリードニヒは
(お前が生きれてればな)
と意に介していない。

⇒【ヒソカがシ後の念で強化!?

霊獣のルール

霊獣にはルールがある。

1・霊獣同士は殺し合わない
2・霊獣の憑いた人間を直接攻撃しない

各王子の霊獣

ツェリードニヒが馬のようなもの。

ツベッパがカエルのようなもの。

ベンジャミンがエイリアンのようなもの。

カミーラが植物のようなもの。

チョウライが銅鑼のようなもの。

ルズールスがみみずのようなもの。

タイソンは目玉ヤモリとそれを生み出すなにか。

サレサレが球体に口のついたようなもの。

モモゼがドーモくんのようなもの。

ハルケンブルグがガーゴイルのようなもの。

ワブルとマラヤーム、
フウゲツにカチョウが不明。

⇒【王子最恐は一体ダレ!?





護衛と念

ツェリードニヒの護衛2人。

テータとサルコフ。

念を使えるのは
この2人だけ。

念獣について、
王子にどう説明するかを
話し合っている。

話さないのは
すでにクラピカが
緊急発信で
全員に念獣のことを
伝えているため不可能。

説明すれば、
念の説明が必要で、
そうなれば習得を
目指すことになる。

それはかなり危険。

テータが習得の順序を
制限したり、
系統の違ったものを
学ばせるなどで
ツェリードニヒに
危険な念を教えない
という方法が
いいだろうとサルコフ。

ツェリードニヒは
自室に戻り
念獣のことを確認。

テータはツェリードニヒの
念獣に見つめられている。

危険すぎる存在。

念を学ばせては
いけない存在だと
テータは感じる。

テータは念のことも
知っていて、
自らも使えることを
ツェリードニヒに言う。

テータ(私がやるしかない!)

⇒【ヒソカの過去が明らかに!?

テータの覚悟は?

テータの覚悟が
どちらの方向に
向いているのか気になるところです。

教えないという
覚悟をもっているのか。

それとも、
サルコフと話して
いたように習得を
遅らせたりするのか。

しかし、
ツェリードニヒの
霊獣に見つめられている
テータ。

この霊獣が
人の深層心理を読み解く
ような能力があるのだと
すれば。

そして、
相手に本当のことを
話させたり、
行動させるような
能力を有していれば
どうすることも
出来ないでしょう。

また、
テータとサルコフが
ツェリードニヒに
従順になるように操作
されてしまったり、
2人を邪悪にするような
能力でもアウトですね。

クラピカの思わぬ発信が、
ツェリードニヒに
念を習得させる
きっかけになってしまうとは。

皮肉と言わざるを
得ません。

王子の中には、
念を習得しているものは
本当にいないのか。

もしもいないとすれば、
習得だけで圧倒的に
有利になるでしょう。

果たして、
ツェリードニヒは
念を習得できるのか。

⇒【363話 ツェリの霊獣の能力は?

【こんな記事も読まれています】

⇒【王子最恐は一体ダレ!?
⇒【ツェリードニヒがパイロの頭部!?
⇒【守護霊獣と念の系統!?
⇒【クラピカの人差し指は!?
⇒【ヒソカがシ後の念で強化!?
⇒【ヒソカの過去が明らかに!?
⇒【ネテロ会長は強化系!?





ハンターハンターネタバレの最近記事

  1. ハンターハンターネタバレ390話確定 シュウ=ウ一家とエイ=イ一家の抗争が激化する!ヒソカ…

  2. ハンターハンターネタバレ389話確定 死後の念使いが多数存在している!カミーラ私設兵がワブ…

  3. ハンターハンターネタバレ388話確定 ビルの能力は対象物の成長を促せる補助型だった!ツベッ…

  4. ハンターハンターネタバレ387話確定 ツェリードニヒの能力が未来を見て回避可能という最強過…

  5. ハンターハンターネタバレ387話確定と388話予想 ツェリードニヒの能力は10秒後の未来を…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP