ハンターハンター考察!守護霊獣の能力は念を超える!?王位継承の鍵と念獣の力!

守護霊獣は本人の系統を無視できる!?

ハンターハンターの
カキン王子の王位継承戦で、
最も重要なポイント。

それこそが、
この「守護霊獣
となるでしょう。

ナスビ=ホイコーロ(カキン王)
も言っています。





「守護霊獣は自身を形どる器だホイ。
脆く弱き器は王にはなれぬホイな」

syugo

この器の大きさというより、
強さこそが王に
相応しいかどうかを
決めるってことですね。

「王即位への思いを念ずること」
この思いの強さとその人となりで
出現する守護霊獣が
異なるということになります。

⇒【守護霊獣と念の系統!?

守護霊獣の能力は攻撃?防御?

蠱毒から発想を得て、
初代の王が具現化させた
というこの壺の能力。

それは死後強まる念として
今もなお存在しているのでしょう。

ナスビ=ホイコーロの
念獣である守護霊は、
女性を形どった感じで、
ホイコーロを包んでいます。

何となく邪悪な雰囲気を
醸しながらも、
どうやら防御的な存在だと
察する事が出来ます。

それが、
カウンタータイプの念獣なのか、
それとも「運気」などを
向上させるようなタイプのもの
なのかは分かりません。

王位継承戦に勝利していることから
(今回のようなものではないとしても)、
強い守護霊獣であるというのは
間違いないでしょう。

この霊獣を基本としながら、
今後登場する守護霊獣を確認すると、
強弱がより分かりやすくなるでしょう。

⇒【ヒソカがシ後の念で強化!?





念の系統は関係ない!?

守護霊獣の説明はこうなります。

子孫繁栄を願う者が遺した
強い念によって生み出された念獣。
死者の縁の深い者に憑く。
取り憑いた者のオーラを糧として、
その者の人となりに影響を受けた
形態・能力に変貌するが、
自身が創り出したものではないため、
自分の意志で動かす事は出来ない。

これを見る限りでは、
糧とされるオーラ本人の影響を
受けた形態と能力に変貌とあります。

それを考えると、
何かしら本質的な年の系統は
関係がありそうですね。

しかしながら、
それよりも内包する
性格や性質の方が色濃く
出てきそうな気がします。

⇒【守護霊獣と念の系統!?

ツェリードニヒが器最高峰!?

ツェリードニヒは、
今後クラピカにとって宿敵になるでしょう。

⇒【ツェリードニヒがパイロの頭部!?旅団との密接な関係!?

女性の皮を剥いでいるところや、
元々の人体収集家である悪癖。

今のところ、
人としては登場した中では
最も邪悪な性質を持っていると言えます。

そんなツェリードニヒの
守護霊獣が弱いってことは、
絶対にないでしょうw

間違いなく最強クラスの守護霊獣が
ついてくるはずです。

dai4

※追記※

ツェリードニヒには
馬のような霊獣がついています。

ハルケンブルグの守護霊獣は弱い??

ハルケンブルグの
守護霊獣については、
若干弱いのでは?
という気もしています。

頭が良すぎるので、
自分自身の戦略で
十分に勝ち残るのでしょうが、
王になるという野望の部分では
若干薄い気もします。

現状の王宮批判までしているっ
てことですから、
今の王政に不満があるタイプです。

「変えたい」
という意志がどの程度のものなのか。

しかしながら、
そういう善なる心は
強い霊獣を生み出せない気もします。

・・・と感じていましたが、
ツェリードニヒを認めている
っていう部分が強烈です。

一体何故なのか??

もしかしたら、
ハルケンブルグは
表の顔と裏の顔で全くの別人に
なるのかもしれません。

⇒【ヒソカの過去が明らかに!?

ワブルの守護霊獣が強い理由は?

ワブルの守護霊獣は
かなり強力なものになるでしょう。

ただ、
王即位への思いという部分から見たら、
赤ん坊ですから何も考えていないでしょう。

それなのに、
強すぎる念獣が取り憑いたとすれば、
本人の持つ元来の器が
尋常ではないという事を指します。

c1dd4de1

ワブルの守護霊獣の能力は、
ツェリードニヒやハルケンブルグの
ソレを超えることが出来るのでしょうか。

【こんな記事も読まれています】

⇒【王子最恐は一体ダレ!?
⇒【ツェリードニヒがパイロの頭部!?
⇒【守護霊獣と念の系統!?
⇒【クラピカの人差し指は!?
⇒【ヒソカがシ後の念で強化!?
⇒【ヒソカの過去が明らかに!?
⇒【ネテロ会長は強化系!?





関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 6月 28日

    守護霊獣がその名のとおり守護に特化した霊獣だとすれば、
    この王位継承戦は、積極的に他の王子の暗殺を企てている王子が
    守護霊獣に返り討ちにされるように仕組まれているのかも。
    カキン帝国に強権的、独裁的な国王を誕生させないために。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る