ハンターハンターのファンサイトになります。

  1. ハンターハンターネタバレ
  2. 2420 view

ハンターハンターネタバレ388話確定 ビルの能力は対象物の成長を促せる補助型だった!ツベッパが次に狙われる!

クラピカのやり方に
問題を感じながらもひとまずは
状況を見るしか無いというのが
分かっているバビマイナ。

それはヒュリコフも同じ。

今回のやり方を見ても
その優秀さを感じ取っている。

難敵というのを認める。

そして、
ラジオラスが念を習得して出てくる。

⇒【ヒソカが死後の念で強化!?




クラピカが部屋でやっていること

ラジオラス(従者の女性)の次は
オマールが部屋に入る。

そこで、
オマールはクラピカから説明を受けている。

ビルの能力をスチールチェーンで
貸与させていくという流れ。

オイトの時と同様と考えていい。

しかし、
貸与する能力はビルの能力。

水見式でそれを説明している。

対象者の成長を促すというもの。

この能力の幅は分からないが
オマールもこの外法によって
念を習得する。

⇒【ヒソカの過去が明らかに!?
⇒【ネテロ会長は強化系!?

ツベッパが危険を察知

ツベッパの元にはリハンがいる。

リハンはツベッパの霊獣が
姿を見せないことから
危険度の高いハルケンブルグに
自分能力を充てるべきと考えている。

しかし、
自重せよという言葉から
リハンはそれを守っている。

ツベッパはサレサレが殺されたのを
当然の様に理解した。

そして、
次に狙われるのがおそらく自分というのも
感じ取っていた。

念を使えないツベッパ。

本来なら瞬殺されそうなものだが
そこは頭が良いのが救いというところか。

⇒【テータの裏切りに制裁!?
⇒【テータがツェリを変える!?




四度目の鳴動

最近よく出てくる言葉。

オーラの鳴動。

またその鳴動が起こる。

四度目。

スピードが増していることから
継承戦が徐々に速度を増していると
理解している。

当然といえば当然。

最凶と呼べるような
ツェリードニヒまで念をマスター
してしまいそうな状況。

ハルケンブルグの能力については
はっきりしたことは分からない。

魂が戻るようなタイプなら
かなり強い能力となる。

ツェリードニヒに対しても
当たりさえすれば倒せる。

⇒【テータの裏切りに制裁!?
⇒【テータがツェリを変える!?
⇒【テータは人ではなくなる!?

ヒソカと旅団

ヒソカはイルミに変装している
という話が濃厚。

幻影旅団との戦いが
この王位継承戦と絡んでくれば
更なる混乱は必至と言える。

クラピカも旅団の存在を
どう思うのか気になる所。

最後の緋の眼は確実に
ツェリードニヒが持っている。

それはパイロの頭部と
一緒になっているものだろう。

未来予知という最強と呼べる
能力を手にするツェリードニヒではあるが、
刹那の10秒の間に相手を
殺すことができるのか。

このテストをすぐに
行うのではないかと感じる。

それが可能となれば、
ツェリードニヒが完全に最強に
なってしまうだろう。

発動範囲なども気になる
ところではあるが、
10秒間無敵になる能力
ということであれば勝ち目はない。

<こんな記事も読まれています>

⇒【テータの裏切りに制裁!?
⇒【テータがツェリを変える!?
⇒【テータは人ではなくなる!?
⇒【王子最恐は一体ダレ!?
⇒【ツェリードニヒがパイロの頭部!?
⇒【守護霊獣と念の系統!?
⇒【クラピカの人差し指は!?
⇒【ヒソカが死後の念で強化!?
⇒【ヒソカの過去が明らかに!?
⇒【ネテロ会長は強化系!?




ハンターハンターネタバレの最近記事

  1. ハンターハンターネタバレ389話確定 死後の念使いが多数存在している!カミーラ私設兵がワブ…

  2. ハンターハンターネタバレ388話確定 ビルの能力は対象物の成長を促せる補助型だった!ツベッ…

  3. ハンターハンターネタバレ387話確定 ツェリードニヒの能力が未来を見て回避可能という最強過…

  4. ハンターハンターネタバレ387話確定と388話予想 ツェリードニヒの能力は10秒後の未来を…

  5. ハンターハンター考察!ツェリードニヒがテータの裏切りに気付いている!人デナイモノまで時間の…

関連記事

PAGE TOP