ONE PIECE936話のポイント
・河松13年間腐った魚を食べていた
・ルフィとヒョウ五郎は大相撲地獄という処刑法を実施される
・土俵から落ちたら首が切れる首輪を付けられる
・海楼石の錠は外れる
・ヒョウ五郎と二人一組で戦い続けて勝ち続ければ良い
・最初に現れた大量の敵は覇気で卒倒
・河松はヒョウ五郎親分を殺させるなと牢の中から言っている
・花の都では逆さ三日月の入れ墨がある人間を連行
・ナミたちがいる湯屋にホーキンスやドレーク
・逃げ出すためにナミが一肌脱ぐ(タオルを落して周囲の男卒倒)
・ステルスブラックを着たサンジもいた
・しのぶとロビンとナミを救い出し空から逃げるサンジ
・サンジからベポたちが捕まったという情報
・ゾロは秋水を追い弁慶の様な相手と橋の上で戦っている

ルフィVSクイーンもすぐに始まりそうな予感があります。

首輪は土俵から出たら発動するならその鍵を次は雷ぞうが取ってくる必要がありそうです。

土俵から出ずにクイーンを倒せるとは到底思えませんが。




936話 河松も決戦の日を確認

雷ぞうに決戦の日を確認した河松。

戦う準備をしておくとのことだが、
まずは牢屋から出してもらわないと意味がない。

檻の鍵と手錠の鍵が必要。

ルフィの海楼石の錠はクイーンが処刑の相撲を行うのに外している事から別人のものと判明する。

ドレークは女の裸に弱い

湯屋で入れ墨の確認をしていくホーキンスだが、
ドレークは入らない。

おそばマスクが中にいたという情報を聴いて見に行くが倒れてしまう。

どうやらドレークは女に弱いみたい。

こういう雰囲気を含めて見ると、
カイドウ傘下としてルフィたちと完全に敵で戦うのかは疑問。

カイドウ戦の前に仲間になる可能性もあるのではないか。

ノース出身の二人

北の海出身のホーキンスとドレーク。

サンジを見てステルスブラックだと叫んでいる。

「本物!?」という言い方からも実はジェルマ66のファンだったって事もありそうなもの。




ゾロVS弁慶

ゾロが追いかけてきた相手は弁慶だった。

秋水の因縁を知っている様子ではあるが、
多くの武器を集めているのか。

弁慶と義経が戦った五条大橋の戦いに似ている事から、
ゾロに敗れて弁慶は仲間になるのではないだろうか。

937話 弁慶との戦い

弁慶に勝利するゾロは秋水とリョーマについて弁慶から詳しく聞く可能性がある。

リョーマは尾田先生の短編に登場する侍だが、
物語の中で龍を斬っていた。

同じ様な伝説が伝えられるのか。

リョーマの逸話と刀のエピソードが語れると思われる。




おすすめの記事